2021.02.04

消費カロリーの高いジムの器具は?

消費カロリーの高いジムの器具は?ヘルシンク

人間ドックまめ知識


ダイエットや減量目的でジムに通っている人は多いと思います。そして、脂肪燃焼に欠かせないのは有酸素運動ですよね。ジムには様々な有酸素運動の器具がありますが、どうせなら効率よく脂肪燃焼できる器具でトレーニングしたいですよね。ここでは、消費カロリーが高いジムの器具をランキングで紹介しています。

第5位 水泳

 第5位は水泳です。器具ではありませんが、水泳はやはり消費カロリーが高いです。クロールで1時間泳ぐと700~900キロカロリー消費できるエクササイズで、それに対してウォーキングでは1時間わずか200~300キロカロリーです。しかし、初心者の場合息が続かないため、無酸素運動になりがちです。そして、1時間休まずに泳ぎ続けるということも難しいのではないでしょうか。たいていはプールサイドで休むことになると思います。そうなると消費カロリーはもちろん稼げません。また、泳ぎ方によってもかなり消費カロリーが変動してしまうので、今回は5位という結果になりました。

第4位 エアロバイク

 第4位はエアロバイクです。エアロバイクのメリットは、ウォーキングやランニングに比べて関節にかかる負荷が少なく、ケガするリスクを減らすことができます。また、長時間続けることができるので初心者には嬉しい有酸素運動ですね。しかし、消費カロリーはあまり稼げません。上半身の活動が少ないため、脚の特定の筋肉しか使われず、あまり心拍数も上がらない有酸素運動になります。消費カロリーを上げるには、少し強度を上げて行うとよいでしょう。

第3位 ステップマシン

 第3位はステップマシンです。あまりなじみがないかもしれませんが、階段の昇り降りを繰り返すというマシンです。階段を昇り降りため、ウォーキングより高いカロリーを消費できる有酸素運動です。しかし、あまり上半身を動かさずに脚に大きな負荷を与えるので、長時間はできない可能性が高いです。消費カロリーを高めるには、上半身を起こして垂直な姿勢を意識しましょう。そうすると腿裏やお尻を使った運動になるため、効率よく筋肉をつかうことができます。

第2位 トレッドミル

 第2位はトレッドミルです。ランニングマシンとも呼ばれます。このマシンは、ウォーキングやジョギングができ、上半身も腕を振ったり体を捻ったりするので、消費カロリーが高くなります。さらに消費カロリーを高くするには、傾斜をつけることがおすすめです。しかし、傾斜をつけると足が太くなってしまう危険性もあるので、下半身太りが気になる方は傾斜をつけないことをおすすめします。ランニングがもちろん消費カロリーは高いですが、慣れていない方はウォーキングから始めるのがおすすめです。

第1位 クロストレーナー

 第1位は、クロストレーナーです。有酸素運動マシンはトレッドミルが主流ですが、実はクロストレーナーは女性にとてもおすすめのマシンです。その理由は、上半身と下半身を同時に使っているため消費カロリーが高いことと、脚への負担が少ないため足が太くなりにくいのです。全身が宙に浮いていて関節にかける負担が少ないので、怪我のリスクも少ないです。ジムによっては導入している数が少ないこともありますが、見つけたらぜひ挑戦してほしい有酸素運動になります

まとめ

 ここまで、消費カロリーが高いジムのマシンを紹介してきました。第1位はクロストレーナーという結果になりました。効率よくダイエットをするためには、筋トレと有酸素運動を組み合わせることが大切ですので、ぜひ参考にしてみてください。